« 黒滝杯 | トップページ | 災害救援 »

2011/03/11

帰宅難民

神楽坂で開催されていた研究会参加中に大地震に遭遇しました。 本当に大きな地震に遭遇するというものはこういうことなんだと、肌で感じました。 と、同時に交通機関が停止したことによって、以前から言われた「帰宅難民」に見事になりました。

|

« 黒滝杯 | トップページ | 災害救援 »

コメント

私はあの日、小金井の管理棟の図書館にいましたが、そのときたまたま外で休憩してました。そしたら、すごい音たてて揺れて、図書室のガラスが割れて破片とか、建物の瓦礫が落ちてきたり...あの校舎ずいぶん古いですもんね。そのまま図書館に戻れず、職員が荷物出してくれて、見たらノートに破片が挟まってたり...
中央線営業終了してたため、東小金井から吉祥寺まで歩き、マックで時間つぶしてたら井の頭線動いて渋谷行ったら半蔵門線混みすぎて帰れなくて、中野坂上まで歩いて友人宅に泊まりました。ついた時間は夜中の2時半。まさかのこんな経験するとは思ってませんでした...
山口とか遠くから消防署の救援きてくれるとか素晴らしいですよね。

投稿: hiroki | 2011/03/16 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88560/51130949

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅難民:

« 黒滝杯 | トップページ | 災害救援 »